弟(小6)の書いた小説が出てきたwww

      2014/12/17

スポンサーリンク




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:35:51.95 ID:aCf9l2mf0
だいたい1000字ちょいwwwもちろん未完結www

晒すわ。

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:36:03.91 ID:c7WpPo1H0
わくわく

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:36:34.70 ID:aCf9l2mf0
「おかえりなさいませ、ご主人様!」
 僕が扉を開くと、なかから元気な声が聞こえてきた。
 はじめに言っておくが、僕は決してメイド喫茶なるものに来店したわけではない。実際に僕の家にいるのだ。所謂、【メイド】なるものが。
「その呼び方はやめろっつてんだろ。何度言ったら分かんだ」
 不機嫌に言う。僕はその呼び方が嫌いだ。なんだかメイドの人を見下しているように感じる。僕は何人とも対等の関係でいたいのだ。
「えぇ~こっちのほうがやる気出るんですけど~」
「やる気の問題じゃねぇよ」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:38:01.66 ID:x8ez79160
そんな悪くなかった

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:38:32.82 ID:ddEvv0dKP
ラノベっぽいな

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:38:41.93 ID:aCf9l2mf0
 やる気で呼び方を決められては迷惑きわまりない。是非とも変えて欲しいものだ。
「嫌です! ご主人様!」
 まぁ、こいつが変えるわけがないのだが。
 ずっと玄関で話し込むいるわけにもいかないので、僕は靴を脱ぎ、綺麗に玄関に並べて、自宅に入った。
 家には誰もいない、一人暮らしだ。よく友達から「高校生で一人暮らしって羨ましいな」と言われるが、僕はそう思わない、僕は望んで一人暮らしを始めたわけじゃないし、家族全員でご飯を食べたほうが美味しいに決まってる。

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:39:27.84 ID:aCf9l2mf0
 それに、家の中に僕とメイド二人だけってのは、なんかこう、気まずい。向こうがどう考えているのかはこちらの知るところではないが。
「じゃあ、ご飯食べるか」
「はい!」
 ちなみに言っておくが、メイドがご飯を作るわけではない。そんな先入観きっぱり捨ててもらいたい。ご主人様だってご飯をつくるのだ。つくらされるのだ。
 キッチンに入り、冷蔵庫を開ける。

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:39:55.07 ID:Y5SvCzzDi
お前が書いたのか
悪くないよ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:41:00.46 ID:aCf9l2mf0
「あったあった」
 朝、作っておいたカレーをレンジにかける。
 3分ほど経っただろうか。チンっという軽快な音が、キッチン中に響き渡り、レンジの中に入っている二人分のカレーを慣れた手つきで取り出す。この慣れた手つきを見てくれ! これを見れば何度もご飯を作らされていることがわかるはずさ!
「ま~だ~で~す~か~!」
 箸を両手に持って、机をバンバン叩いている。行儀が悪いにも程がある。というかあなたは僕の気持ちを考えたことが一秒でもあるのかい!?
「行儀悪いぞ。やめろ」

>>8 ちげえwww俺はこんな恥ずかしい文かけない

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:40:45.72 ID:v7CKAiCb0
小6の弟ってことは>>1は中学生くらいか

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:42:09.05 ID:aCf9l2mf0
 一応注意する。僕が注意するとこのメイドはたいていの言うことは聞く。今も言わずもがな。
「は~い」
 まぁ。渋々やってます感は否めないが。
「ほら。今日はお前の好きなカレーだ」
「わぁ! カレー!」
 嬉しそうに顔をくしゃくしゃに丸める。
 どんだけ嬉しいんだよ。と心の中でツッコミを入れる。あくまでも心の中で。

>>9 大学生です

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:41:31.24 ID:ddEvv0dKP
小6が書いた割には出来がいい

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:41:41.67 ID:YZaeSawr0
(小6)を抜かせば普通に見れるレベルだわ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:42:02.38 ID:BFMolMbk0
傷つきたくないから弟が書いたってことにしてるんだろ
わかってるって

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:42:43.40 ID:aCf9l2mf0
 今までの一連の流れから見てわかると思うが、僕はメイドより格が下だ。何故か。そんな質問はよしてくれ。分かりきっていることだろう?
「さて、立場逆転ごっこはここまでにして、食べますか、お嬢様」
 僕が、【お嬢様】に向かってそう言うと、
「そうね、食べますか、新羅」
 とお嬢様が返す。
 そう。僕――水上新羅は【メイド】なのだ。

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:43:49.03 ID:d1Z/ZaC3i
カレーに箸かぁ…

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:43:51.97 ID:aCf9l2mf0
 翌朝。
「いってきます。お嬢様」
 僕は玄関の前で、お嬢様に挨拶をしていた。学校に通わせてもらっているのだから、感謝の念を表しておかなければ。
 最初にこの家に雇われた時は、あまりの大きさに玄関の位置さえ覚えていなかったが、今となっては、この家全体の見取り図をかけるほどに、把握していた。

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:44:33.94 ID:aCf9l2mf0
「私も後からすぐに追いかけるわ」
 この言葉から分かるように、お嬢様と僕は同じ高校に通っていて、なおかつクラスも同じだ。僕は気まずいんだけど、お嬢様はその状況を心から楽しんでいるようだ。分からない。お嬢様の考えが分からない。
「はい分かりました」
 と言い残し、家を出て学校への道のりを一人で歩いていく。
 もうこの道を見るのも2年目へ突入した。目をつぶって歩け、と言われても歩けるのではないか。というほどに道も覚えている。
「ちょっとやってみよ」

21: 忍法帖【Lv=28,xxxPT】(1+0:15) 2013/12/30(月) 01:45:31.79 ID:vVPybJGS0
少6の文章力じゃないだろ…!!

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:46:28.70 ID:aCf9l2mf0
>>21 なんかラノベ作家目指してるらしい

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:45:45.43 ID:aCf9l2mf0
 ふと、今考えていた【目をつぶって歩け】を無性にしたくなり、実践してみる。
 しかし数秒後、ゴツンという重い音が鳴り、目を開けると目の前には大きな電柱がそびえ立っていた。僕の学校への道とは全く違う方向だ。やはり人間は視覚に頼って生きているのか、ということを痛感させられた事件であった。
「馬鹿なの?」
 この声は、
「我が宿敵。美鈴か!」
 僕がバッと後ろを振り返ると、思ったとおり僕の(一応)幼馴染が突っ立っていた。
「新羅、いつまでそんな幼稚なことやってんの……」

 と、ここで書く気をなくしたみたいだwww

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:46:24.20 ID:YZaeSawr0
なかなかいいではないか

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:46:36.75 ID:CmTEWOl90
続き書いておいといてやれよ

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:47:06.73 ID:Kq5+O+SI0
三島由紀夫が小学生の時に書いた小説みたい
才能あるね

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:49:47.76 ID:hqiFY1jMO
小6がこんな文かけるわけ無いから>>1じゃねえの
もし本当に小学生が書いたものなら小学生にしてはよーかけてるんじゃね

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:50:12.07 ID:WI28aBgNP
小6でこれだけ書けるとか才能あるよ

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:50:42.53 ID:YZaeSawr0
普通にすごいわ。ラノベ作家なんてもったいない

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:51:02.16 ID:aCf9l2mf0
ちなみに題名は『猫耳メイドは可愛くない』だってさwwww
題名のセンスはなかったみたいだwww

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:51:09.46 ID:FPFv16Jr0
小6は無理がある設定だったなもうばれてるから自分が書きましたって言えよ

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:51:18.11 ID:JeI6ZKAQ0
割と才能あるんじゃないか
小六でこれならかなり凄い部類だろ

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:52:11.17 ID:KJ96QTK+0
小6なんて半袖で外を駆け回ってる時期だろ
どうせ>>1が書いたってオチ
スポンサーリンク




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:52:46.20 ID:aCf9l2mf0
>>37 マジで違う。俺の書いた小説()もあるけどみるか?

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:55:15.34 ID:FPFv16Jr0
>>38
読みたいはやくしろ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:57:27.07 ID:aCf9l2mf0
>>41 の希望により、俺がわたモテを見て感化された時期に書いたやつ晒します。

 私はモテる。

 もうこれやばいんじゃね? モテすぎてテレビ出れんじゃね? ってくらいモテる。

 いや、ほんとやばいから。マジ私モテっから。高校入学3日目で靴箱に手紙入れられてるくらいモテモテだから。

 だから手紙の内容が「保之瀬琴葉さぁんへ(はぁと)!wwwラブレターだと思った~? 違いますぅ~www何勘違いしてんのwww?」だった事なんか気にも止めてないしマジで。

 今こうやって体育の授業で二人組になってるけど、なんか私だけ先生とペア組んでることなんか全く気にしてないし。寧ろ私先生に気に入られてるし。ハブられてるとか思ってないし。クラスのみんなが私の存在を入学5目で忘れたことなんかどうでもいいし。

 あぁ~。マジ優越感だわ。この先生に気に入られてる感。あ、先生恥ずかしげに視線逸しちゃって。か~わいい。その気の毒そうに私を見るその目もか~わいい……。

 つかさ、ちゃんと人数確認してから二人組になってとか言えよ。分かりきってるじゃん。こういうことになるやつが一人はいるってことが分かりきってるじゃん。なに? 学園生活送ってきたんじゃないの? 馬鹿なの? それでも教師なの?

 ……おい、そこの男女ペア。私を見てくすくす笑うな。なんなの? カップルだからって調子乗っちゃってるわけ? 笑わせんじゃねぇよ。こっちみんな。

 というわけで、私はモテます。

 ちょっとまって。なんで俺こんな辱しめ受けてんの

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:08:31.00 ID:aCf9l2mf0
>>41一生恨むわ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:54:27.03 ID:2wbPkpdM0
早く弟に続き書かせろよ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:55:25.22 ID:aCf9l2mf0
>>40 尚弟はいまファンタジアなんたらに出すようの原稿?を2万字まで書いてる模様

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:00:30.95 ID:3NDkiAco0
>>1より弟の方がレベル高いとか・・・

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:02:34.30 ID:c7WpPo1H0
なんかこのミサワ感

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:03:08.57 ID:2wbPkpdM0
確かにミサワ感がありますね

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:04:17.60 ID:aCf9l2mf0
恥ずかしくなってきた死にたい

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:15:50.91 ID:FPFv16Jr0
確認だけど本当にお前が書いたんだよな?

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:16:57.92 ID:aCf9l2mf0
>>72 そうです。なんか弟に負けてるらしいですね。俺の文章。

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:15:54.56 ID:CmTEWOl90
最初の掴み部分をきっちり取るために狙ってテンポよく読ませてるんだろ
面白いかどうかは別として考えて書く兄貴がいるってことは弟にいい影響を与えるわ

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:16:57.92 ID:aCf9l2mf0
>>73 そうそうそういうこと! テンポ良く、ね。

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:39:21.19 ID:LINgkVW4i
この兄弟すごい

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:39:58.04 ID:aCf9l2mf0
>>113 だろ。特に兄貴の方がすごいよな。これでも大学生なんだって。

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:40:01.65 ID:/9xCDNVQ0
ちなみに>>1は中学生って設定なの?

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:41:16.24 ID:aCf9l2mf0
>>116 それまさか俺の小説が中学生レベルだと??ん??ん????

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:42:34.03 ID:/9xCDNVQ0
>>118
中学生に謝れよ

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:45:56.20 ID:L3CQQFoBi
>>120
クソワロタ

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:45:22.10 ID:RY6AL6WW0
いつか昔話になる日がくるよ

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:47:44.99 ID:aCf9l2mf0
お前ら俺がもし小説家になったらどうするんだよ!謝れよ俺に!

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:52:19.89 ID:cTP3GRHAP
>>126
その意気やよし
この力作をラノベ大賞に応募するところから始めよう
とりあえず電撃でいいか?

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:53:03.59 ID:aCf9l2mf0
>>138 いや、実費出版で行くわ

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:48:08.78 ID:TabdAt5y0
俺は>>1の文も好きだよ
弟のほうが物語としては読めると思うけど

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:48:44.20 ID:aCf9l2mf0
>>127 保存しといた。その文章。

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:51:50.81 ID:CmTEWOl90
2013年のいい思い出になったね

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:54:55.49 ID:aCf9l2mf0
もし弟が小説家になったら、弟のtwitterアカウントでVIPのこと馬鹿にするから。
俺本気だから。

じゃあな。俺はもう寝る。耐えられない。恥ずかしい

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:57:10.81 ID:cTP3GRHAP
>>144
せめてお前が付ける予定のペンネーム書いてけよ未来の大先生様

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:58:57.54 ID:aCf9l2mf0
>>146 じゃあ最後にな。
    俺が付けるペンネームは「いくたん」な
    弟がつけんのは知らね。

   まじでじゃあな恥ずかしいから。このスレ見るのも恥ずかしいから。

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 03:00:00.22 ID:Fnt5N4oR0
>>1
イクたん乙

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 03:03:22.51 ID:RY6AL6WW0
めげるないくたん

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 03:06:02.53 ID:2wbPkpdM0
いくたん先生
これは要チェックだな


管理人『弟の才能がすごい』

引用元: 弟(小6)の書いた小説が出てきたwww

関連記事:

スポンサーリンク




 - ニート・家族

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>