魂について真剣に考えた結果

      2014/12/17

スポンサーリンク




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:10:22.68 ID:La9AP3G+0
そんなものはないという結論に達した
脳の作り出してるものと思って間違いないだろう
例えば、Aという人脳みそがBという人に移植することができるとすればBの身体をもったAの人格をもった人間ができる
よって不老不死になりたければ脳みそ以外を取り替えるのがいいかと
また、死んだ場合無に還る

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:14:27.36 ID:CFZ8YJaFO
甲殻機動隊読めよ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:15:28.47 ID:BJPTn71h0
脳みそだって死ぬからな

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:17:02.35 ID:La9AP3G+0
>>8
そうしたらもうおしまい
なにもなしだな
脳こそが人間の核

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:20:32.08 ID:l24QaJd90
心臓移植された人の人格が変わるって話はたまに聞くな

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:21:58.89 ID:La9AP3G+0
>>18
精神的なものでは?
他人の心臓が入っているから人格が変わってしまうんじゃないかっていう思い込みから

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:27:27.13 ID:bQ39vXWE0
>>20
いんや
精神的なものではなくて、前の持ち主の特徴を捉えて変化していた

察するに、脳が心臓の細胞から適切なデータを読み取り、それに対応した行動を促したものと判断されたようだ

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:29:53.43 ID:La9AP3G+0
>>25
なるほど
正直俺は対した知識があるわけではないので、勉強不足で申し訳ない

だか、その答えも魂が存在しないことの裏付けになるな

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:22:59.10 ID:W4+kwMt20
人格が精神的なものではないとな?

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:25:21.01 ID:La9AP3G+0
>>21
言い方が悪かったか
死んだら身体から分離して49日の裁判を受けて天界から地獄のどこかで次の人生が始まるようなものはないといいたい

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:23:41.09 ID:ySgSJkt60
まず魂を定義しろよ。全員が共通の認識を持てるように

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:24:49.01 ID:L+0NOKZD0
唯一ユーモアなのが遺伝子だろうし、魂とイコールにしてもいんじゃね

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:28:05.39 ID:La9AP3G+0
>>23
そうだな、遺伝子によってたましいとされている部分が決まるんだろうな
双子の思考、行動が違うのは全く同じ経験をしているわけではないから
もしも双子が全く同じ経験をしたら全く同じ行動をとるだろうな

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:32:07.42 ID:ySgSJkt60
時間がいくら経過したかは無関係だろ
思考の変化は入力次第

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:36:06.68 ID:La9AP3G+0
>>31
無関係ではないだろ
本人の主観で一瞬にして時間が経過するような状況があるなら無関係といえるだろうがなにをするにしても時間が経過してることを本人が知覚しているのだから

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:32:51.61 ID:La9AP3G+0
俺はその手の分野について詳しいわけでもなんでもないんだが、こうやって考えると当然、魂がないってことがわかってしまう
当たり前のこととして認識している自分がいるんだ

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:34:02.73 ID:VP+PM1N60
そうか、お前はこの俺の魂の叫びが聞えないのか・・・

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:34:45.32 ID:aHWnsRwO0
まぁ普通に考えれば死しても何かが残る、と思いたい人間が生み出した概念とも
生きているものを縛り、使いやすいようにと考え出された理屈とも思えるけど・・・
実際にあったらあったで夢があるなぁとも思う

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:39:29.53 ID:La9AP3G+0
>>35
そうだな、俺もずっとそう思ってきた
しかし、この世のことのほとんどが論理的に証明されているこの状況で人間の魂についてだけなんの理由もなく魂があるとはいえないとおもう
人は死んだら無
それが一番納得できる答え

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:46:53.34 ID:+3Aezaf0O
魂があっても無くてもいいけど
なんで俺の意識は俺にあるんだろうな
なんで俺人間で、日本に生まれたんだろうな

それがランダムに決められたんだとしたら、いつ決まったんだ?

それにもし俺は俺じゃなかったら何だったんだろうな?
逆に、俺の体に俺以外の意識になってたらどうなってたんだろう?

たまに考えたくなる

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 02:59:15.17 ID:XRDbzKDG0
実は魂は細胞の一つ一つにあってそれが集まることにより人間となりひとつの人間の魂となるのだ

この考えが一番ただしいと思う

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:02:56.46 ID:vtvhH7c7O
魂って本能みたいな意味だと思ってたけど違うの?

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:05:33.56 ID:UH/l8I6h0
スポンサーリンク




>>66
本能は「肉体の魂」に付随してるもの
「本当の魂」が持つ欲求は人を助けることのみだよ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:05:49.34 ID:aHWnsRwO0
>>66
本能ではなく自意識だろう
もしくは原質か

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:03:53.28 ID:kZlm0MWJ0
磁石が実際になんでくっつくのか、そういう究極の質問のたぐい
今の科学が万能ではない

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:06:44.05 ID:La9AP3G+0
>>68
今の科学では証明されてなくても絶対に原理があると思う
昔は原理がわからなかったものが今は当たり前になってるんだから
磁力についても、人間のたましいも原理がある

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:08:36.60 ID:XRDbzKDG0
>>68今の科学じゃなくて今の世界が完璧じゃないから磁石が実際になんでくっつくのか、そういう究極の質問のたぐいがわからないとしたら面白くないか?
パッチが入ってそれを中の人が影響を受けるだから理解する

科学が万能でないわけではなく世界が万能じゃないのだ
テストで幽霊や宇宙人とか出してるのかもしれないしバグかもしれない
次のイベントで宇宙人登場するかもね

実に面白い

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:07:16.12 ID:/Z1SszpW0
不毛な論争
夢があるな

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:07:42.31 ID:UH/l8I6h0
科学なんてわかったっぽいものに名前をつけて安心してるだけだよな
なんで物質が、宇宙が、人間が存在するのかなんてちっともわかっちゃいない

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:12:11.22 ID:La9AP3G+0
とはいえ、じゃあこの世ってなんだよ
それこそ理屈で証明できないじゃん
この世っていうすべての根本がオカルトなのに理屈もくそもあるかよって考えるとなにが起こっても不思議じゃないんだけどな

まぁ死んでも次の人格にが用意されてるほど都合良くはできてないだろうな

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:16:25.31 ID:aHWnsRwO0
>>83
別にこの世自体はオカルトではないさ・・・観測できるもの、だからね
もちろんその限界はあるし、現状観測できないもの、となると今観測しえるものからの計算や推論になってくるが・・・

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:19:38.00 ID:La9AP3G+0
>>89
いや、過去のことは観測できないしこの世がなぜ成り立っているかについて答えがない以上、目撃証言や証拠映像のある幽霊や妖怪と変わらないだろ

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:12:22.47 ID:gQcus7Zt0
男の脳を女の体に移植出来たとしよう
ホルモンやらの影響を脳か受けてる状態で
元の男の魂はどうなるんだろうか

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:15:15.86 ID:La9AP3G+0
さっきこれについても科学で証明できるかもっといったが考えを改める
科学に仮説と観測はつきものだよな?
仮説が完璧に出来上がったとして死んでからその後の記憶をもってこの世に戻ってくるなんてことができない以上観測できないからな

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:15:17.74 ID:aE+QGfOmP
死後の世界に、地獄は存在しない。
天国はわからん。
地獄が存在しない理由は、そのエネルギーにある。
鬼を動かしたり、血の池地獄を沸かしたり、そのエネルギーはどこから来るのか、ということだ。
最終的に破棄してしまう魂であれば、そんな事をする必要は全く無い。そのまま捨てればいいのだ。

ただ一つ、存在する可能性がある理由は、魂が非常に貴重なもので、再生産するコストが高くつくか再生産できない場合だ。
この場合、地獄で魂を矯正する事に意味が出てくる。

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:17:24.06 ID:La9AP3G+0
>>87
その話だと記憶を失って生まれてくることに矛盾がしょうじないか?魂を矯正したりして高めるのが目的なら記憶は残したままのほうがいいだろう

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:20:20.12 ID:UH/l8I6h0
>>91
いや記憶は消した方がいい
例えば前世で自殺してしまったとする
すると次の人生では「自殺しないこと」を目標に生きることになる
それを知ってしまっていると、自殺さえしなければ目標クリアになってしまう
それでは簡単すぎて魂を鍛えられない

前世もルールも忘れてその目標を達成することが重要だ
その場合は再び自殺に追い込まれるような人生を歩むことになる
それに耐えて寿命を全うすることで魂がひとつ鍛えられる

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:21:14.69 ID:aE+QGfOmP
>>91
魂の矯正方法にもよるだろう。
たとえば、プログラムの場合、プロジェクトがバージョンアップする事で、過去のデータが使えなくなる事は良くある。

個人的には、エネルギーの観点から地獄は無いと考えているが、存在する場合は、魂を再構築と初期化しているんじゃないかと思っている。

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:18:42.38 ID:UH/l8I6h0
>>87
地獄のエネルギーは地獄で苦しんでる人の苦しみのエネルギーじゃないかな
究極のエコシティなんだよきっと

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:19:53.65 ID:20+6P3C1P
肉体や脳が機械と交換可能であるならば
人間を人間たらしめているのは「人格」と「記憶」という情報だけです
これらの情報が揮発したならば
これを「死」と定義するのが妥当でしょう

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27(月) 03:22:19.80 ID:wDjE79jJ0
はいはい分かったからもう寝ろ


管理人『つまり魂とは・・・・寝ます』

引用元: ・魂について真剣に考えた結果

関連記事:

スポンサーリンク




 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>